「悶々と落ち込んでいるだけでは

何も解決しないという事が

分かりました。

自分が何をしたいのか

真剣に考えたいです。」

 

コーチングのセッションで、30代後半のクライエント女性からの言葉。

 

 

彼女の相談は、

仕事にやりがいがなく、

毎日が楽しくない。

いつも不満で気持ちが落ち込んでいるとのこと。

詳しくお話を聞き、

そして たくさん質問して、

落ち込む原因として判ったことはー

 

男性優位の人事評価に不満

教育中の新人が育たない

仕事を頑張っても認めてもらえない

 

「やりがいがない」「楽しくない」

という気持ちを、質問に答えながら

言語化していただき、

漠然とした不満から、彼女を落ち込ませているものが

彼女自身にも明確になり認識できました。

 

 

そこで彼女に考えていただいたのが

不公平な人事制度、育たない新人、認めてもらえない

これを自分のコントロールで変えられるのか・・・

 

公平な人事評価を会社に要望しても

すぐに不満が解決することはなく、

新人も早く仕事をおぼえたいと

悩んでいるかもしれない。

自分と他人の捉え方・考え方や

価値観の違いを意識することが大事。

 

自分がコントロールできない事に、

不満を持ち続けながら、落ち込んでいる状況は

自分の貴重な時間を費やするだけで

もったいない

自分がコントロールできる事に焦点を合わせ、

何ができるか、何をしたいのかを考えることが大切。

 

このようなアドバイスも入れながらのセッション、

その終了時、彼女が言ったのが冒頭の言葉でした。

 

この言葉とともに、前向きな笑顔を見せて下さいました。

彼女の明るい未来に、これからもサポートしていきます。